ファタモルガーナの館

ファタモルガーナの館

発売元 ノベクタクル
販売価格 1,900円 (税別) 購入で 190 ポイント プレゼント
ジャンル 西洋浪漫サスペンスホラーADV
言語 日本語版
リリース日 2014/06/20
「ファタモルガーナの館」は、ヴィジュアルノベルゲームです。ストーリー・イラスト・音楽それぞれが非常に質が高く、高い完成度となっています。
ファタモルガーナの館 ファタモルガーナの館 ファタモルガーナの館
  • ファタモルガーナの館
  • ファタモルガーナの館
  • ファタモルガーナの館
商品説明


システム

「ファタモルガーナの館」は、Windows専用のヴィジュアルノベルゲームです。
物語を読み進めることにより、「館」の謎が解明していきます。
細かい分岐はありませんが、選択肢による攻略要素が存在いたします。
その選択如何によっては、エンディングが変化いたしますが、マルチエンディングではありません。
(トゥルーエンディングがひとつ、他はバッドエンディングという扱いです)

あらすじ

 「あなた」は気づけば、古ぼけた屋敷にいた。
目の前には、「あなた」を旦那さまと慕う、翡翠の目をした女中がいる。
しかし「あなた」には記憶がなく、自分が何者なのか分からない。
そんな「あなた」に、女中は屋敷で起きた数々の悲劇を見せるという。
そこに、「あなた」の痕跡があるかもしれない……。

 最初の扉は1603年。
豊かな薔薇が咲き誇る、美しい時代に、仲睦まじいローズ兄妹がいた。
彼らには一切の不安も、不幸の陰りもないように見えたのだが……。

 二番目の扉は1707年。
その時代、屋敷は荒廃していた。その屋敷に住み着いた獣は、平穏な世界を望むものの
やがて獣本来の暴力性を抑えられなくなり、虐殺に走ることとなる。

 三番目の扉は1869年。
この時代、文明の発達により人々は急いた生活を送っていた。
鉄道事業に身を乗り出す資産家の青年は、
金と権力を追うあまり自分の妻をないがしろにしていく。

 四番目の扉は1099年。
女中はこれが最後の扉だと告げる。
その時代にいるのは、自らを「呪われている」と告げる青年と、
魔女の烙印を押された白い髪の娘≪ジゼル≫だった。

 「あなた」は時代と場所を超えた四つの悲劇を目撃する。
これらを物語として終えてしまうのか、あるいはその先を求めるのかは……
「あなた」次第だ。

 しかし、どこかの誰かはこう言うだろう。

 「他人の悲劇だから耐えてこられたんだよ」

 

世界観

住む者は必ず不幸になるという、呪われた館がある。
その館には生命の彩りが一切なく、暗闇に包まれていた。
館で目覚めた「あなた」は、謎の女中に導かれて、西洋の各時代で起きた悲劇を巡ることとなる。

時代と場所を変えて、存在し続ける「呪われた館」
悲劇に関わり続ける薄幸の「白い髪の娘」
常に微笑みを絶やさない、生気のない「女中」
そして、自分を失ってしまった「あなた」

「あなた」が自分を取り戻した時、すべての謎を解き明かす歯車が巡りだすだろう。
陰惨な悲劇に「あなた」が立ち向かえるのなら。

 

キャラ紹介

館の女中

館の女中

年齢不詳、出自不明
「あなた」が目を覚ました時、長い黒髪の女中が傍らにいた

彼女は「あなた」を屋敷の主だと言う
その彼女の言葉に従って、「あなた」は様々な時代で起きた事件を目撃していく

しかし、どの時代でも彼女の影はちらついている
彼女はいつでも存在し、そして姿を消す
彼女は「あなた」に対して優しく接してくれるが、
その手は冷たく、何処となく生気もない

なぜ彼女は今もこうして「あなた」の傍で笑っているのか――

ミシェルミシェル

ボランジェ家末子、二十七歳
いわくつきの館に住み続ける男

外界と接することを嫌っているのか、
全ての窓は鎧戸か木板で閉ざされている

感情表現に乏しく、滅多に笑わない
しかしたった一人で時を過ごしてきた彼にとって、
それは普通のことなのだろう

ある人物と接することで、彼は人間らしさを取り戻していくのだが……

白い髪の娘

白い髪の娘

純白の髪をしており、全体的に色素が薄い
美しい外見をしているが、
その特異な髪や肌の色によって避けられてきた経緯がある
また、太陽の光が苦手で、そんな自分を厭んでいる

内向的で消極的だが、その分女性らしさも兼ね備えている

すべての時代、すべての悲劇に彼女らしき人物が現れる
館の呪いに、どのように関わっているのだろうか

メル

メル

ローズ家長男、十七歳

亜麻色の髪をした物腰の柔らかい青年
ネリーの兄であり、彼女に振り回されながらも良く面倒を見ている

頭は良いが野心はない
神父からも神学の道を勧められているが、決めかねている
将来を決めなければいけない時期はとうに迫っているのだが、本人にあまり危機感はない

絵画を見ても感想は「へえ~」
演劇を見たらつい寝てしまう

充足した日々を送っているわけではないが、不満もない
そう徒然と生きる中で、一人の娘との出会いが彼の人生を大きく変える

ネリー

ローズ家の長女、十四歳
亜麻色の髪をした快活な少女
気が強くわがままだが、愛嬌があるため憎めない
好きなものがたくさんある
カードゲームに輸入菓子、勿論お洒落に、演劇、おしゃべり
感受性に富んでいる

兄のメルに懐いており、幼少の頃に行ったごっこ遊びから
メルのことを王子扱いしている

だが、年頃もあり、結婚の話題が出ている それに少し憂鬱気味
あるきっかけにより、彼女の明るさは形を変えていく

ポーリーン

ポーリーン

p貿易商の父を持つ女性、二十二歳
やはり貿易を営む他国の男と恋に落ち
海をまたぐ遠距離恋愛を続けていた

例え二人の逢瀬が年単位に一度であっても
ポーリーンと恋人の絆は断たれる事が無かった

しかしある日、悲報が届く
それは恋人が海上事故に遭い、死亡したというものだった
ポーリーンだけは恋人の生存を信じ、彼の行方を辿る……

貿易商の男

故人、享年二十五歳
貿易に携わる仕事をしていた

真面目で、とっつきにくい雰囲気を持つが、
一途にポーリーンを愛している
例え距離が二人を別つとも、彼の誠実さは変わらなかった

「死」という絶対的な別れを前にした時
その絆はどう変化していくのだろうか

マリーア

お屋敷に務めるメイドの一人、二十四歳
社交的で、あけすけな明るさがある
性格はおおざっぱだが、メイドの仕事はきっちりこなす

ヤコポにないがしろにされる妻は、屋敷の中で味方がいない
誰も妻に関わろうとしないのだ
しかしその中で、マリーアだけは彼女の味方となり
次第に友人のような関係となっていく

また、彼女だけは周囲と違い、ヤコポを恐れない
それには理由があるようだが――

ヤコポ

鉄道事業に身を乗り出す投資家、二十六歳
自らの野心を遂げるため、あらゆるものを切り捨てる冷酷さと
他人の感情を踏みにじる傲慢さを持ち合わせる

利用するか、利用されるかしかない交流関係の中で
のしあがり続けた結果、自分の妻すらも信用しなくなった
ヤコポがこの世で唯一信用できるもの――
それは権力と、金だ

彼が人生を賭けた鉄道事業は、果たしてどのような結末を見せるのだろうか

 

本ソフトは非常に完成度が高く、各種メディアでも絶賛されています。

さらにコミカライズ・ノベライズも進行しており、注目のタイトルと言えるでしょう。


(C)Novectacle
動作環境
対応OS 日本語Windows
CPU Pentium以降
メモリー 128MB以上推奨
HDD 未定
ディスプレイ VRAM 128M以上 800×600pixel 以上推奨
音源 WAVE再生が可能な環境
DirectX DirectX 9以降

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。