激闘!八八艦隊海戦史DX文庫版DL

激闘!八八艦隊海戦史DX文庫版DL

発売元 ジェネラル・サポート
販売価格 2,600円 (税別) 購入で 260 ポイント プレゼント
ジャンル 海戦シミュレーションゲーム
言語 日本語版
リリース日 2015/03/13
「もしもワシントン条約が決裂し、日本の八八艦隊艦隊が完成していたら?」という前提の下、日本海軍が夢見た日米主力艦同士の艦隊決戦を描く本格海戦シミュレーション。
激闘!八八艦隊海戦史DX文庫版DL 激闘!八八艦隊海戦史DX文庫版DL 激闘!八八艦隊海戦史DX文庫版DL
  • 激闘!八八艦隊海戦史DX文庫版DL
  • 激闘!八八艦隊海戦史DX文庫版DL
  • 激闘!八八艦隊海戦史DX文庫版DL
商品説明

激闘!ソロモン海戦史DX文庫版DL

「もしもワシントン条約が決裂し、日本の八八艦隊艦隊が完成していたら?」

八八艦隊とは
日露戦争後に行われたアメリカ海軍を仮想敵国選定とした日本海軍の国防指針と、第一次世界大戦の戦争景気による経済成長を背景に計画した、艦齢8年未満の戦艦8隻と巡洋戦艦8隻を根幹とし、補助艦として古鷹型重巡洋艦、多数の5500トン型軽巡洋艦、峯風型・樅型駆逐艦を含んだ大艦隊整備計画の事。
第一次世界大戦終結後の列強国間の軍縮を定めたワシントン海軍軍縮条約により、計画は破棄(又は一部変更)を余儀なくされた。
1907年(明治40年)、帝国国防方針における「国防所要兵力」の初年度決定において、戦艦8隻・装甲巡洋艦8隻として計画された。紆余曲折の後、1920年(大正9年)、「国防所要兵力第一次改訂」の予算案が通過した。当時の日本の歳出が15億円に対し、この艦隊が完成した場合の維持費が6億円かかるとされており、それを維持することは不可能であったといわれている。
(Wikipediaより)

 

『激闘!八八艦隊海戦史DX文庫版』は「もしもワシントン条約が決裂し、日本の八八艦隊艦隊が完成していたら?」という前提の下、日本海軍が夢見た日米主力艦同士の艦隊決戦を描く本格海戦シミュレーションです。
また日米の戦いだけでなく第1次世界大戦におけるジュトランド海戦などの戦いも収録しています。


プレイヤーは艦隊司令長官として指揮下の艦隊に針路や速力、射撃目標などを指示しつつ敵艦隊と戦いを繰り広げます。

鳥海

艦型数は198クラス。大和、アイオワなど旧版にはなかった新艦型が多数登場!

ゲームに登場する艦船は八八艦隊の「長門」「加賀」「天城」「13号艦」はもちろん、「レキシントン」「インコンパラブル」「G3型戦艦」など日、米、英、独、仏、伊、露、オーストリー、トルコ、ギリシャ他の戦艦、巡洋戦艦、巡洋艦、駆逐艦などが登場し、実戦に間に合わなかった未成艦や計画艦も多数収録しています。


また文庫版のボーナスユニットとして「大和」「アイオワ」「ビスマルク」「キングジョージ5世」など第二次大戦の艦船も多数収録し、登場艦型数は旧版の143クラスから198クラスに大幅アップ。
「大和vsアイオワの昼間砲撃戦」や「ビスマルク追撃戦」など様々な状況を再現可能です。

鳥海

ブロック構造により砲塔配置や船体各部の装甲厚を精密に再現!

艦船の主砲、中間砲、副砲、補助砲、魚雷発射管などの兵装は砲塔1基単位で扱われ、各砲塔の射界や砲弾の破壊力なども実際のデータに基づき精密に再現されます。

方向によって発射可能な門数が変化するのでT字戦法も再現され、敵に対し優位に立つための索敵と艦隊運動が重要となります。 兵装だけでなく船体各部の装甲厚や艦橋、弾薬庫、機関室などの配置もデータ化しているので「機関区が集中しているため1回の被弾で大損害を受けやすい」といった各クラスごとの特性も忠実に再現されます。 また大遠距離からの大落角弾を再現するため、砲塔や船体の上面装甲もデータ化しています。

鳥海鳥海

前作「激闘!ソロモン海戦史DX」にはなかった新要素を多数搭載!

前作『激闘!ソロモン海戦史DX』には無かった新要素として天候と波高の変化、大遠距離からの大落角弾、マップ外からの増援部隊、火薬庫注水失敗による轟沈、レーダーによる索敵、夜間の探照灯照射などもルール化。 時刻が再現されているため夜戦のみだった前作に対し昼間戦、夜戦、薄暮戦など様々なシチュエーションでの海戦が行えます。 無論、時刻や天候の変化に伴い視界範囲も海戦中に刻々と変化するので「霧が晴れたら敵艦が目の前に!」といったスリリングなゲーム展開も楽しめます。

シナリオ数は13本で、日米の艦隊決戦に加えジュトランド海戦やドッガーバンク海戦などの史実戦シナリオや仮想戦シナリオを収録しています。

 

「激闘!八八艦隊海戦史DX 文庫版」における兵装の射界について



【旋回前方配置】
艦の中心線上前部に置かれた兵装です。
前方270度に対して射撃可能です。
例:日本戦艦「長門型」の船体前部にある40㎝主砲
【旋回中央配置】
艦の中心線上に置かれた兵装です。
左右90度どちらに対しても射撃可能です。
艦橋などの障害物があるので前後には撃てません。
例:日本戦艦「伊勢型」の船体中央にある36㎝主砲


【旋回後方配置】

艦の中心線上後方に置かれた兵装です。後方270度に対して射撃可能です。
例:英国戦艦「アイアンデューク型」の船体後部にある34㎝主砲
【舷側前方配置】
艦の舷側前部に置かれた兵装です。
左右前方135度に対して射撃可能です。
例:戦艦「ウェストファーレン型」の艦橋左右にある28㎝主砲


【舷側中央配置】
艦の舷側に置かれた兵装です。
左右90度に対して射撃可能です。
例:日本巡洋艦「長良型」の船体両舷にある53㎝魚雷発射管
【舷側後方配置】
艦の舷側後部に置かれた兵装です。
左右後方135度に対して射撃可能です。
例:日本戦艦「薩摩型」の後部艦橋左右にある25㎝中間砲


【舷側旋回配置】
艦の舷側に置かれた兵装です。
左右180度に対して射撃可能です。
例:日本戦艦「大和型」の船体左右にある16㎝副砲
【固定後方配置】
艦尾に置かれた兵装です。
後方90度に対してのみ射撃可能です。
例:米国戦艦「ネバダ型」の艦尾にある13㎝L副砲


【並列前方配置】
艦の前部に2基並列に置かれた兵装です。
前方90度に対しては2基、左右90度に対しては1基が射撃可能です。
例:イタリア駆逐艦「G・ラ・マーサ型」の船体前部にある10㎝主砲
【並列後方配置】
艦の後部に2基並列に置かれた兵装です。
後方90度に対しては2基、左右90度に対しては1基が射撃可能です。
例:巡洋艦「ブレーメン型」の船体後部にある13㎝L主砲

第1次大戦頃、主に英独で使われた梯形型の主砲配置は、本ゲームでは旋回中央配置として再現されます。
※画像は戦艦「カイザー型」
搭載している門数は同じでも砲塔の配置形式により、各方向に対して発射可能な門数が変化します。
Stビンセント型 ネプチューン型 オリオン型
例えば英国のStビンセント型は10門の主砲の内、舷側方向に発射できるのは8門です。
これに対してネプチューン型は10門全てが舷側方向に発射できます。
そしてオリオン型になると前部主砲が背負い式配置なので、前方に発射できる門数が従来の2門から4門に増えています。

また単装、連装、3連装、4連装の違いにより砲塔数も変化します。
「ノルマンディー型」 「ダンテ・アリギエリ型」 「エジンコート型」
「ヘルゴラント型」 「ワイオミング型」 「扶桑型」
ひとくちに「主砲12門搭載艦」と言っても4連装砲塔3基搭載のフランス戦艦「ノルマンディー型」、3連装砲塔4基搭載のイタリア戦艦「ダンテ・アリギエリ型」、連装砲塔6基搭載の英国戦艦「エジンコート型」、ドイツ戦艦「ヘルゴラント型」、米国戦艦「ワイオミング型」、日本戦艦「扶桑型」など、配置方法は艦によって様々な違いがあります。


日米艦隊決戦からジュトランド海戦まで13本のシナリオを収録。
フリーセットアップでは架空の海戦も自由に再現可能!

またプレイヤーが自由に艦隊を編成して戦えるフリーセットアップシナリオを収録しており、戦艦同士の昼間砲撃戦から水雷戦隊の夜戦まで様々な状況を設定してプレイできます。

 

 

マップ画面

マップ画面マップは約50㎞四方を再現。
艦船の視界範囲は昼夜や天候、レーダーの有無などにより刻一刻と変化します。

個艦データ画面

艦船は主砲、中間砲、副砲、補助砲、艦橋、機関区その他のブロックにより構成されます。

射撃目標選択

艦船データ画面各兵装ごとに射界が異なるので目標の方位により射撃可能門数が変化します。
自軍艦が最大火力を発揮できるよう艦隊運動が重要となります。

損害判定画面

航空機データ画面砲弾や魚雷の命中箇所によっては誘爆が発生して被害が拡大したり、火災が発生します。
また火薬庫注水に失敗すると一発の命中弾で轟沈してしまう事もあります。

艦型データ画面

飛行場文庫版のボーナスユニットとして大和、アイオワ、ビスマルクなどの第二次大戦艦も多数収録。
史実の再現だけでなく、国籍や年代を超え様々な編成で海戦を楽しめます。

 

 

※本ゲームはジェネラル・サポートより2001年に発売した『激闘!八八艦隊海戦史DX』をWindowsXP/Vista/7/8/8.1対応としたもので、戦艦大和やアイオワなど文庫版独自のボーナス艦型を大幅追加しグラフィックをフルカラー化したものです。
なお文庫化にあたり、旧版で搭載されていたインターネット対戦機能は現在のネット環境にそぐわないため廃止となりました。 (LAN対戦機能は従来通り搭載しています)

動作環境
対応OS 日本語版WindowsXP/Vista/7/8/8.1
PC 上記のいずれかのOSがインストールされており、かつ快適に動作するもの
HDD 1GB以上の空き容量が必要(セーブデータ含まず)
画面 640×480/フルカラー表示が可能なもの
周辺機器 マウスが必要です。
その他 :
  •  マウスが必要です。
    LAN対戦を行う場合TCP/IPによるローカルエリアネットワーク環境が必要です。
    BGMを聞くためにはGM形式対応のMIDI音源が必要です。(BGM無しでもプレイに支障はありません)
    ※WindowsRTには対応していません。
    ※エミュレータ環境は動作保証外です。
    ※全ての環境での動作を保証するものではありません。

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。