白衣の天使、始めました。

タイトル画面

今回プレイするのは『白衣性恋愛症候群リセラピー』です。

このゲームを製作しているのは工画堂スタジオ。

キャラ絵は可愛いのに、見た目に反して実に硬派なゲームを作ると勝手に思っているゲームメーカーですが、その予想を裏切らない本気さをゲームのトップ画面からも感じ取ることができます。

まず目に飛び込んできたのは「医療用語」という項目です。

いくら病院が舞台とは言え、見た感じは癒し系、もしくはほんわか系のゲームだと思っていたため、用語解説なんてちょっと大げさなんじゃないかな?と思いながらも医療用語の項目を選択すると…。


医療用語

冗談抜き、おふざけ無しのガチガチな用語解説が書かれていました。

普通に生活していたらまずお目にかかれない単語ばかりがずらりと並んでおります。

難しい単語が多く、これが医学の専門書だったらすぐに目を背けたくなりますが、ゲームをプレイする上で知っておいた方が良いと思うとあまり苦痛には感じません。人間とは現金なものです。

あとで調べて分かったことなのですが、シナリオライターの方は現役の看護師であり、
その方の実体験等を元にシナリオなどが書かれているそうです。
どうりで事細かに書かれているはずです。

用語解説をざっと読んだところで、早速ゲームスタート。

初めてプレイするので「初診」を選択します。

医療用語

すると、なんともおどろおどろしいBGMと、救急車のサイレン音が聞こえてきました。

文章を読んでいくと、これは誰かの夢であり、過去の出来事だということが分かります。

この段階では、どうやら誰かが事故で緊急搬送されている、ということしか分かりません。

医療用語そして場面が切り替わり、スズメの囀りが聞こえてきました。

どうやら夢を見ている誰かさんが目を覚ましたようです。

あら可愛い。「かおり」という名前のこの女性が、今作の主人公兼ヒロインのようです。八の字眉毛で困った表情が良く似合っています。

どうやら先ほどの夢は、かおりの体験したことだったようですが、本人はその記憶がないようです。

てっきり事故がきっかけで、助けてもらった看護師に憧れを抱き彼女自身も同じ職を目指すことになった、とかなのかと思ったのですが、どうやら違うようです。

そんなことを考えながらシーンを進めていくと、着替えを終えて看護服に身を包んだ彼女が、看護師になった理由を教えてくれました。

 

医療用語

可愛いからだそうです。

確かにこの看護服は可愛らしいと思いますが、かおりが童顔なせいでしょうか、保母さんかな?と勘違いするほど凄く幼く見えてしまいました。

そんなほのぼのとしたかおりに癒されながら、看護師としての初日が始まりました。

 

導入部分であるかおりの紹介が終わり、オープニングムービーが始まりました。

医療用語

爽やかな雰囲気と軽快な歌に合わせて、女性キャラクター達が次々に現れます。

続いて、主要キャラクターと声を担当した声優の紹介が流れます。


医療用語

まず登場したのは本作のヒロイン。 柔らかい笑顔とぽややんな雰囲気、そしてウサギの髪留めのセット効果で3倍増しに幼く見えます。

-公式プロフィール-
沢井かおり、21歳、A型、獅子座。
幼い頃に交通事故で瀕死の重傷を負うが、医者や看護師たちの懸命な処置のお陰で一命を取りとめる。それがきっかけで看護師を目指すことを決めた。 加害者が男性だったこともあり、事故の後遺症として男性恐怖症気味である。

重い過去を持っているからこそ、心根はしっかりとした女性なのでしょうね。 時折、自分の意思に反しているかのような言動をみせることもあり、彼女自身も気づいていない謎を抱えているのかも?

 

医療用語

2番手はクールなメガネのお姉さま!
これが学園物なら生徒会長か風紀委員長は確定していたであろう雰囲気。
一見冷たい容貌ではありますが、いやだからこそ、デレた時の破壊力は期待できます!

-公式プロフィール-

大塚はつみ、20代(本人談)、A型、獅子座。
内科主任、新人のかおりを愛情の篭った厳しさで指導する。
汚部屋を住処とし、料理はできない。

…あれ?これって普段はビシッとしてるのに私生活では結構ダメ人間でそれが知られて顔を真っ赤にして恥ずかしがるパターンあるんじゃないですかね?

 

医療用語

赤面顔が可愛らしい女性で、オープニングではヒロインに抱きついたり添い寝したりと、誰よりも親密な印象を受けます。

-公式プロフィール-

藤沢なぎさ、22歳、O型、蟹座。
かおりの高校時代の先輩であり、職場の先輩でもある。
新人であるかおりの指導係を命じられ、かおり共々喜んでいる。
だが、かおりに対して秘めた想いを持つ。

ん?! 秘めた想い?!

 

医療用語

これは間違いなくツン、もれなく我侭お嬢様属性を兼ね備えてると見ました。
画像ではベットの上で座っている様にも見えるので、患者側でしょうか?

-公式プロフィール-

堺さゆり、20歳、O型、牡牛座。

かおりの職場である病院に入院してくる女性。
かおりのことを初対面から敵視するも、かおり本人に見に覚えがない。
『再生不良性貧血』という大病を患っている。

かおりとは特別な関係にありそうですが、なにやら謎の多い女性ですね。
ちなみに別な画像では猫耳をつけてました。

 

医療用語

悪い顔してます。確実に何か企んでるようなニヘラ笑いです。
でも実際は関西弁で場を賑やかにしてくれる元気なお姉さんです。

-公式プロフィール-
山之内やすこ、26歳、B型、水瓶座。
厳しい主任のはつみと、新人のかおりやなぎさの橋渡し役をする頼れる姉貴。
仕事はきっちりこなすが、仕事よりも趣味に生きる個性派タイプ。

自己紹介で、はつみよりも3歳年下とさりげなくはつみの年齢を暴露してたりします。
仕事よりも趣味を重視しているそうですが、彼女の趣味ってなんでしょう?

 

医療用語

元気!天然!八重歯!!(あくまで第一印象です)
この子はきっと、みんなの妹的キャラクターでしょう。

-公式プロフィール-

浅田あみ、16歳、A型、獅子座。

病弱ながらも内面の元気さは空回りするほどあふれ出る女子高生。
『ネフローゼ症候群』の治療のため長期入院中。

病院生活の長い病弱な子のようです。
無理して元気な素振りを見せているのかもしれません。

 

医療用語外見から溢れる子猫っぽさ、懐き辛いんだけど甘えん坊。
服の袖で手を隠すのは自分の心理状態を悟らせないためと言いますが、そこがまた可愛らしい。きっとこの子は俯き加減で服の裾を掴みながら上目遣いで攻めてくる!

-公式プロフィール-
若本まゆき、B型、他不明。
310号室に長期入院している謎の女性。
常に引きこもりがちで、看護師でも姿を見たものは少ない。

あれ? 小学生位かと思ったら結構なお姉さんキャラでした。
長期入院と言うことは相当の難病を患っているようですが、看護師でも姿を見たものは少ないって、一体この女性は何者なのでしょう?

 

大半がまだ登場していない女性キャラばかりですが、見た目だけで判断するとアドベンチャーゲームに登場する女性要素の基本的な所は押さえているのではないでしょうか。
メガネキャラもいますし。

また、キャラクターに声を当てている声優も、有名な人達ばかりで安心してプレイできるのも本作の魅力だと思います。
医療用語

オープニングから察するに、おそらくヒロインと同じ看護師側が5人、患者側が2人の構成で話が進むのでしょう。

しかし、このオープニングを眺めていると、ある違和感を覚えます。

そうです、男がひとりも出てこない。

流れるオープニングムービーもなぜか女性同士で楽しそうにしていたりと、男性キャラがまったくの蚊帳の外で影も形も見当たりません。

でも勤務先が病院ですし、普通に考えると入院している青年とか少年がいてもおかしくはないでしょう。

もしかしたら本編で登場するのかもしれません。

暫くするとオープニングが終わり、かおりが自分の勤務する病院について説明を始めました。

 

医療用語

どうやらかおりが寝起きしていたのは寮の一室だったようです。

歩いて五分の職場は気が休まらないんじゃないか?と思いますが、満員電車に毎朝揺られての出勤や、仕事が忙しく深夜になって終電を逃したり、夜勤明けで朝日の眩しさに目を焼かれながら家路に着くのに比べたら良いのかもしれません。

それに寮と言っても一人部屋のようですし、相部屋で他人に気を使わなくても良いようなので、実はなかなか快適な暮らしをしているのかも?

そして、きっと同じ寮住みの男性陣とドキドキの展開があったりするのでしょう。

医療用語

かおりの勤務先は、百合ヶ浜総合病院という名前のようですね。

…百合?

そう言えば、オープニングに登場したのは全員女性キャラクターのみ。

赤面したり、いちゃいちゃしたり、抱きしめていたのも女性同士。、

あっ、これ男性陣出ませんね。

どうやら本作は、百合系ナースアドベンチャーゲームだったようです。

まさか病院で男性要素を排除するとは、さすが職人気質な工画堂、徹底したこだわりを感じさせてくれます。

一つの疑問が氷解したところで、気合を入れて続きを進めていきましょう。

 

医療用語

いざ、病院へと足を踏み出そうとしたその時、かおりを背後から驚かせる『藤沢なぎさ』
かおりの高校の先輩であり、2人は生徒会でコンビを組んでいたようです。
傍から見ると、先輩と後輩というよりは姉と妹みたいです。

ちなみになぎさの得意技はデコピン。

意外な場所で意外な人物との邂逅にかおりは驚きますが、大好きだった先輩に会えたことを大変喜びます。
2人は昔話に花を咲かせますが、言うまでもなく今は出勤時間です。
遅刻寸前でそれに気づき、当然のようにダッシュで病院に駆け込む2人。
勤務先目の前で話し込んで遅刻というのは笑い話にしかなりません。

 

かおりがこれから働くことになる内科。
その詰め所に到着するも中に入ることを躊躇するかおりの反応は、新しい職場に足を踏み入れる時の緊張を思い出させてくれます。

きっとかおりも、心拍数急上昇で足が震えそうになっているのを必死に抑えてるのかもしれません。

こんな感じで自分の体験と照らし合わせてゲームを進めると、漠然とプレイするのとは違った感覚で遊べて面白いと思います

 

医療用語ただ、かおりが他の看護師達に自己紹介する際、皆に見つめられて緊張するのは分かるのですが、、なぜか「誰も私を傷つけたりしない」と自分に言い聞かせてみたり、ちょっとからかわれただけで傷ついて、失敗したと思い込んで震えてみたりと、かなりガラスのハートの持ち主のようです。

 

それとも実はかおりちゃん、凄い暗い過去を背負っているのかもしれません。

ちなみにかおりの隣に立っているのは内科の先輩で「山之内やすこ」

関西弁を話し、気さくな性格を思わせる彼女は師長曰く「ツッコミ厳しいのに気遣いの達人」だそうです。どこの職場にもひとりはいる「ノリの軽い良い先輩」という感じでしょうか。

医療用語

次に現れたのがクールなメガネのお姉様、主任「大塚はつみ」です。

言動は厳しく、なぎさとやすこのように明るいキャラの後に登場しただけに、冷たい感じがより際立って感じられます。

でもオープニングでは、赤面しながら微笑む表情を見ることができます。

一体どんな場面であの表情をするのか、非常に気になります。

医療用語

そしてなぜか、かおりがはつみを「お姉ちゃん」と呼んで叱られます。

別に姉妹と言うわけではないのにこの発言は一体何なんでしょう?!
小学校当時、先生のことをお母さんと呼んでしまう子がひとりはいましたが、
あれと同じ感じなのでしょうか? それともなにか別な理由が?

とりあえず、クールな「はつみ姉」とドジな「かおり妹」は、ありです。

医療用語

初出勤、初対面ではつみに厳しく叱られ落ち込むかおりを、さりげなく慰めるなぎさ。
この辺のフォローを忘れない辺りはさすが元生徒会長だけのことはあります。

自業自得とは言え、職場の怖い先輩に初日から叱られると、次の日から気が重くて仕方ありませんが、こんな先輩がいてくれるとプレッシャーに潰されることもなくなるでしょうね。

 

医療用語

新人紹介も終わり、仕事が始まります。

夜勤からの申し送りの一幕なのですが、いきなりの専門用語に驚かされます。

何を言っているのかさっぱり分かりません。

医療用語

どうやらかおりも同意見だったようです。

……いやいや、勉強してきたんだから、かおりは知らないとダメでしょう。

 

医療用語

専門用語は尚も続きます。

「不穏」ってどんな意味なんでしょう、全くついていけません。

などと若干戸惑っていると、画面の右中央に吹き出しのマークが出ている事に気づきます。

どうやら「本」のアイコンをクリックしろということらしいので、ポチッとします。

医療用語

すると、ゲームのトップ画面にあった「医療用語」を見ることができました。

ここで不明な単語を確認しながらゲームをプレイできます。

痒い所に手の届く、なんともありがたい親切設計です。

 

医療用語

「医療用語」の見れないかおりは、後ではつみに教えてもらうようです。

このあとかおりは、はつみに病棟の説明などを事細かに説明を受けました。

 

医療用語

事細かに、です。

あ、ちなみにこの場面は化粧について話をしているだけです。

主任、あなたイケメンすぎます。この後も主任の暴走は続きます。

 

医療用語

 

 

 

はつみさん?!

なんか想像してたよりも面白いぞ、この人。

 

医療用語

その後、初日の仕事を終えたかおりは無事に寮に戻り、ベットにばったりです。

初めての職場、初めての仕事は肩に力も入るので、疲れは通常の3倍に感じられます。

そのため、かおりの反応も無理はないでしょう。お疲れ様でした。

こうしてかおりは初出勤を無事に?終えるのでした。

明日も早く、仕事も大変なので、彼女は大人しく眠りに…。

医療用語

就くはずもなく、なぎさが現れてささやかながら歓迎会が始まりました。

なぎさが飲みすぎてかおりに抱きついたりしながら絡み酒を楽しんで、ようやく一日が終わりました。

医療用語

1日の終わりまでプレイしてみましたが、これは新鮮な気分が味わえるゲームです。

随所に便の状態や危篤状態の患者についてなど、生々しい表現があるので苦手な人は注意が必要かもしれませんが、自分の知らなかった世界を知ることができます。

難しい専門用語は多数出てきますが、それをしっかりとフォローする機能は◎です。

また、舞台を病院にしただけの中途半端なアドベンチャーゲームではなく、看護師の苦労や悩み事など裏事情などもしっかり描かれていて、とても興味を引きます。

声優もキャラクターにぴったり合い、聞いていて違和感も感じず好感がもてました。

最後に、このゲームは開始時はウィンドウモードで始まると思います。

もし全画面でプレイしたい場合は、Alt+Enterを押すとフルスクリーンに切り替わります。

 

白衣性恋愛症候群 RE:Therapy
白衣性恋愛症候群 RE:Therapyを購入