戦車×美少女×本格SLG!

ちょっと前に戦車×美少女なアニメが流行りましたが、あのアニメでは女の子の魅力もさることながら、戦車の描写がしっかりしているのも魅力でした。

今回紹介する「鋼鉄の騎士II 文庫版」は、第二次世界大戦時における戦車部隊同士の戦いを詳細にシミュレートするSLGでありながらさらに、キャラクターが美少女になる「とくべつばん」が収録されているのが魅力です。
なんと、通常シナリオのごつい男性キャラが、全員女性兵士に変更されます!

女性兵士

女性兵士は、全部で30人用意されています。このほかにも、メガネ枠、前髪枠、ぽっちゃり枠など、いろんな兵士が用意されています。

「とくべつばん」シナリオは、ゲーム本編の東部戦線シナリオを転戦するものです。プレイヤーはドイツ軍をプレイしますので、登場する女性兵士は全員ドイツ兵となっています。

ゲーム中、さまざまな報告が部下から入ります。おっさんからの報告よりも女性兵士からの報告のほうがいろいろ捗るのはまちがいありません。

 

女性兵士にはちゃんと設定も

女性キャラクターには、ちゃんと公式設定が用意されています。
ジェネラル・サポートさんから全キャラクターの設定を頂きましたので公開します!

(クリックすると設定が表示されます)

 

女性兵士を全員登場させることこそ至高!

「とくべつばん」の目的は、公式に「たくさんの淑女のご尊顔を拝する事」となっていて、勝利を得ることではありません(!)
ただし、「たくさんの淑女のご尊顔を拝する」ためには、最終ステージまで進める必要があります。このゲームではステージでちゃんと条件を満たさなければ次のステージに進めないため、最終ステージまで進むのは簡単ではない、ことは覚悟したほうがいいでしょう。

本格的なSLG

ここまで「とくべつばん」に焦点を合わせて紹介しましたが、「鋼鉄の騎士II 文庫版」はドイツから日本まで171種類の車両が登場、砲塔と車体の各部の厚さが個別に再現されたり、砲撃に対する車両の角度で砲弾が貫徹するかどうかを判定するなど、こだわった作りのSLGです。

本格SLG

本格ミリタリーSLGがお好きな方には、もちろんおすすめです!

 

「鋼鉄の騎士II 文庫版」のページへ


ブリュンヒルデ
ブリュンヒルデ

戦前、彼女の生活は実に規則正しかった。
朝は5時30分に起床し5分で洗顔と歯磨き、6分で着替え、12分で髪を整え6時には朝食の準備を始める。
メニューは常にオレンジジュースとスクランブルドエッグ、ジャムつきロールパンだ。
食事中、彼女が飼っている猫が足下でじゃれつくが、猫も心得たものできっかり1分20秒しかじゃれつかない。
食事中、ラジオをつけているが放送局は必ず、国営放送でアナウンサーがベルリン地区の天気を語り終えると共に彼女はオレンジジュースの最後のひとくちを飲み下す。
さあ、7時になるといよいよ出勤だ。
勤めている事務所まで右脚を388歩、左脚を389歩、交互に動かし彼女は出社する。
彼女がする最初の仕事はスタッフにコーヒーを淹れる事で最初のゼーゼマン所長から
最後のウォルトマイヤー嬢まで順番に配ってまわる。
コーヒーの温度は常に76度以上78度以下であり、それを上回る事も下回る事もありえない。
始業開始のベルが鳴ると彼女はウォルトマイヤー嬢から本日分の伝票を受け取る。
これを集計するのが彼女の仕事でこのあたりは普通の女性事務員となんら変わらない。
ただし常にテキパキと勤務に精励する彼女の姿は女性事務員の鑑と言えよう。
勿論、彼女は無駄口などたたかない。

 

そんな彼女は軍隊生活が性にあっていた。
規則がきちんと決められ皆が規則に従うからだ。
(まれに従わない者もいるが)
ただし戦場生活となると話は別になる。
敵は全く規則を遵守しない。
(それが赤軍というものだ。)
敵の攻勢が始まると規則は存在意義を失い混乱が組織を支配する。
彼女は規則を愛し混乱を憎むが決してそれを表情には現さない。
ただ彼女の瞳の奥底だけで敵意が燃え上がる。

スタッフからのコメント:まさにドイツ人、といった、鉄の規律を持つ女。優秀そうですが周りは大変そう。

ウルズラ
ウルズラ

ウルズラが4歳の時です。
ママがキリンとロバのぬいぐるみを買ってきました。
でも残念な事にロバのしっぽが取れていました。
そこで姉さんがいいました。
「ウルズラ、あんたはまだ小さいんだからロバがちょうどいいわ。」
姉さんはキリンを持って行ってしまいウルズラはちょっと悲しくなりました。

 

ウルズラが8歳の時です。
家族旅行でボーデン湖へ行き湖畔のレストランで食事をしました。
ボーイさんがハンバーグを人数分持って来ましたが1皿だけ目玉焼きが付いていません。
「申し訳有りません、玉子が品切れになってしまいました。」とボーイさんが言います。
「ウルズラ、おまえはまだ小さいんだから目玉焼きが無くたっていいだろう。」
目玉焼きの無いハンバーグが前に置かれウルズラは悲しくなりました。

 

ウルズラが14歳の時です。
ボーイフレンドのアントンと駅前公園でデートをしていました。
アントンが申し訳なさそうな顔でウルズラに言いました
「済まないけれどもう、これきりにしよう。君の事、あんまり好きじゃないんだ。」
とんでもない話です。
彼は去りウルズラは大変、悲しくなりました。

 

それからです。
ウルズラは笑わなくなりました。
きっとこれからもウルズラには良い事なんて何もなく、ずっと笑わないままでしょう。

 

幻企画「ウルズラに微笑みを」
ウルズラが笑わないのは人生で良い事が何もなかったからです。
たくさん敵をやっつければ気も晴れてウルズラが嬉しくなるかも知れません。
よってウルズラのスコアが50以上となった時点でのセーブデータをGS宛にメールで送った方に賞品として
「笑ったウルズラ」のグラフィックを贈呈する幻企画がありました。
ウルズラの笑顔を見たいと思いませんか?

スタッフからのコメント:何と不幸な……ぜひみなさんでウルズラを笑わせてやってください……

エルナ
エルナ

「自意識過剰」
意識の中でいつも自分を中心に据えて考えない訳にはいかない様な性向の強い事。
特に欲求不満が起こっている自我意識には、「阻止された欲求不満の意識」とその欲求を「阻止されている自我」が意識され、更にその様な状態にある自我が意識されるという様に無限に意識が増大していく事。
(日本国語大辞典)

上記の文章だと自意識過剰はタカビーなキャラの専有物に感じられるが実際は異なる。
とりわけ思春期の女性に於いては周囲の視線を過敏に意識し内向的になっていくケースの
自意識過剰が頻繁に見受けられる。
外向的なケースと内向的なケースの相違は外向的なケースが「自分は社会の中心にありたいと言う欲求」が
根底にある為、比較的容易に自我を容認できるのに対し内向的なケースでは
「社会の中心にいたくないと言う欲求」である為、自己否定に陥り易い。
外向的自意識過剰はツンデレ予備軍、内向的自意識過剰はヤンデレ予備軍と言えよう。
こうした内向的自意識過剰に対し「心配するこたあないよ。世の中の人はそんなにアンタの事を気にかけちゃいないよ。」と説いても無駄である。
「私は常に監視されてる」と思い込んでいるのだから「監視者が私を油断させる為の罠だ」と
思われるのがオチだ。
彼女の錯覚を解くには南極の氷河が溶けるのを待つ程の忍耐が必要なのである。
焦ってはならない。
また、内向的な自信過剰の場合、表面的には弱気に見えるが、それは本来の性質ではなく自己防衛の為に形成された表面上の性質であり「守りでは維持できない」と判断されるや一転して攻撃的に変貌するので注意が必要である。
更に露出した本来の性質に直面した彼女が「それ」を容認できるか否かは大きな問題であり、
えてしてバーサーカー(狂戦士)になりやすい。
そうなったらもう手に負えないので「三十六計逃げるにしかず」をオススメする。

 

なお彼女に用件がある場合、いきなり声をかけたりしてはならない。
彼女は顔を赤らめ言葉はシドロモドロになり揚げ句の果てには警察に通報される事態まで
覚悟せねばならないだろう。
彼女への用件を文書にまとめ、道を歩く彼女の進路上にさりげなく落とし、物陰から様子を窺うのが上策である。

スタッフからのコメント:こわーー! 一見おとなしそうな風情なのが余計怖いです。

ヒルダ
ヒルダ

ねえねえ、奥さん聞いた?
インゲボルグさんとこのヒルダちゃん、この間、駆け落ちしたんですって!

 

まぁ、本当?
あのご面相でよく相手がいたわね~。

 

なんでも相手は戦車隊の将校さんらしいわよ。

へぇ、物好きね、もっと可愛い娘は幾らでもいるでしょうに。

 

それがね、奥さん、どうもヒルダちゃんが刃物で脅かして無理矢理、駆け落ちさせたらしいのよ。

 

ふぅん、あの娘ならいかにもやりそうな話だわ。
何時だったか、あの娘が家具屋のシュテットナーさんの息子さんと三角関係になった時、やっぱり刃物振り回したでしょ。

 

おっかないわね~。

 

(そこへ第三のおかみさん登場)
あら、二人とも顔を揃えて何のお話?まぜて頂戴な。

 

ちょっと奥さん、インゲボルグさんとこのヒルダちゃんが戦車隊の将校さんと駆け落ちしたのをご存知?

 

あら、それ違うわよ、あの娘、その将校さんに勧誘されて戦車隊に入隊したのよ。
インゲボルグの奥さんからじかに聞いたんだから間違いないわ。

 

まぁ、そうなの・・・

 

多分、荒くれ者の部隊ね。

(他の二人が声を合わせて)

きっとおっかない部隊に違いないわ。

スタッフからのコメント:ヒルダに引けを取らない荒くれ者のいる部隊ですから、奥さんの想像はだいたいあってます。

クリームヒルト
クリームヒルト

クリームヒルトはお料理をしています。
メニューは若鶏のフリカッセです。
5時に父さんが帰って来ますからそれまでに夕食を作らねばなりません。
母さんは姉さんと一緒に学校のバザーに出かけていて留守なので今日こそはクリームヒルトの腕の見せ所です。
さあ、はたしてフリカッセはうまく出来るでしょうか?

 

若鶏のフリカッセに必要な材料は鶏肉と玉葱、茸、ベシャメルソースにミルクです。
まずベシャメルソースを作り、伸ばす為にミルクを少し暖めておきます。
それから鶏肉を切るのですが、脂がギトギトしてなかなか上手く切れません。
母さんや姉さんは、いつも何の苦もなく切ってるのに。
ふぅ、やっと切れたので鶏肉をフライパンに放り込んで炒めます。
そこで横の鍋を見ますと・・・

 

大変!
ミルクは暖めるどころか泡を吹いて吹きこぼれています。
慌ててクリームヒルトは鍋の火を止め周りを雑巾で拭きます。
ミルクは暖め直せば済む事です。
何の心配もありません。
ところが・・・

今度は鶏肉がフライパンの中で焦げています!
あぁ、茸をまだ洗っていません!
玉葱も皮がついた丸のままです!
いったい、どうなるのでしょうか?

 

父さんはビーダースハイムの郊外で農場をやっています。
農場から家までは車で10分、今は4時45分ですからもう父さんの車の音が聞こえて来るかも知れません。
ああ、聞こえて来ました!
今日はいつもよりちょっと帰りが早かったようです。
よりにもよって今日早く帰って来なくてもいいのに!
父さんの足音が一歩ずつ近づいて来ます。

 

「ただいま」
「父さん、わたしもう駄目だわ!とてもフリカッセが作れそうにないの・・・」

スタッフからのコメント:ドジっ子キタ! 荒くれ者の多い部隊にあって、癒し系といえる存在です。

イングリット
イングリット

イングリットはサンロアーヌ芸術学院で声楽を学ぶ北欧系の女の子。
彼女の美しい歌声に部隊のみんなは心を癒されます。
ほら、今日もまた彼女の歌声が聞こえて来ましたよ。

 

「イングリットの唄」
作詞 イングリット
作曲 イングリット

私に倒せない敵なんていないのだわ。
だって正義は私にあるのだもの。
幾らでもかかって来るがいいのだわ。
絶対、容赦しないんだから。

さあ、歌いなさい小鳥達。
我等の栄えある勝利を祝して。
さあ、踊りなさい子リス達
我等の栄えある勝利を祝して。

 

私を阻む障害なんてないのだわ。
だって私のキャタピラは強靱なのだもの。
いくらでも高い障害を築くがいいのだわ。
きっと乗り越えて見せるのだから。

 

※(繰り返し)

私を倒せる敵弾なんてないのだわ。
だって私が纏う装甲は何より堅いのだもの。
いつまでも撃ち続けるがいいのだわ。
そのうち弾丸が無くなるのだから。

 

※(繰り返し)

 

歌詞はちょっとアレですが彼女の歌声とメロディーはとても素晴らしいのです。

ホントですよ!

スタッフからのコメント:この歌詞で歌とメロディーが素晴らしい、というのは、逆に聞いてみたい気がしますね。

ロッテ
ロッテ

彼女が初めて戦車に乗り敵と向かい合ったのは1940年6月である。
北アフリカのカプッツォ砦で繰り広げられたこの戦いで彼女は何も戦果を挙げられなかったが
戦場を支配するのは技量と勇気だけではない事を知った。
優れた技量と溢れる勇気を兼ね備えた戦士であっても運命を操る
女神がそっぽを向けば戦場に骸を晒さねばならなくなる。
以後、彼女はハルファヤ峠やトブルクを駆け巡って幾多の戦果を挙げ、
戦車隊でそれなりの知名度を得るに至ったがガザラの戦いで大きな転機を迎えた。
相手が戦車であるのならバレンタインだろうがM3グラントだろうが地形を利用し
撃破可能距離まで接近すればなんとかなる。

しかし機関砲を装備したハリケーン戦闘機が相手となるとそうもいかない。
戦場の生態系ピラミッドで戦闘機は戦車の上位に位置する。
擬装網の下に隠れたまま、ひたすら敵機が上空を過ぎるのを待つだけだ。
そうした「かくれんぼ」が幾たびも繰り返され彼女はいつも生き残った。
そう、彼女は生き残ったのだ、最後の空襲でも。
最後の空襲で愛車のⅢ号戦車G型は炎上したが彼女は重傷を負いつつも脱出に成功し療養の為、
本国帰還を命ぜられた。
そして彼女は東部戦線の第130戦車隊に転属してきたのである。

スタッフからのコメント:北アフリカ戦線を生き延びてさらに東部戦線に送り込まれたという、まさに歴戦の勇者ですね。

マレーネ
マレーネ

T34D型の砲塔は~
丸っこいでしょ。
だから~
うまく当たらないと弾丸がはねちゃうの。
「ひだんけいし」って言うんですって。

 

それと~
砲塔に丸いハッチが2枚あるでしょ。
それを両方とも開けてると~
まるでネズミさんみたい。
可愛い♪

スタッフからのコメント:の~ん~び~り~枠ですね。T34のハッチを両方開けると……ああ、なるほどねー。

エリザベート
エリザベート

お母さん、お元気ですか?
私は今、第130戦車隊で一生懸命、頑張っています。
ポーランド戦で亡くなられたお父様が私の戦車兵姿を見たらさぞ笑われる事でしょうね。
奇妙な物でこんな私でも今ではもう古参兵なのですよ。
小学校の教師の私までが戦場に赴かなければならなくなるとは戦前は考えてもみませんでした。
でも教え子達が戦場で倒れる事を考えればまだマシなのでしょう。
教え子達から遠く離れてしまったのは残念ですが何時か戦争が終わり学校に戻れる日が来ると堅く信じています。
色々とお伝えしたい事がありますが今日はこの辺で失礼します。

スタッフからのコメント:女教師キター! しかもメガネ!

clistina
クリスティーナ

彼女については実は良く判らないのです。
とても可愛い顔立ちをしていますからきっと家柄の良い娘に違いありません。
暮らしぶりも裕福そうです。
喋り方は少し高飛車ですがきっと世間慣れしていないだけなのでしょう。
頭も良さそうです。
食べ物はそうですね、マスのムニエルが好きでアンチョビーが苦手だと言っていました。
海から遠い内陸部の出身なのかも知れませんね。
ピアノはある程度、弾けるようです。
ツェルニーは大体、こなせると言っていましたから。
彼女は時々、誰かに手紙を書いています。
家族でしょうか、友人でしょうか、それとも・・・

どなたかクリスティーナの事をご存知ありませんか?

スタッフからのコメント:公式サイトでも目立つところに扱われていてメインクラスかと思われていた娘ですが、実は意外なプロフィールが判明しましたね!