鉄道模型シミュレーター5  VRMコレクション 10系軽量客車&郵便車セット

鉄道模型シミュレーター5  VRMコレクション 10系軽量客車&郵便車セット

発売元 アイマジック
販売価格 2,476円 (税別) 購入で 248 ポイント プレゼント
ジャンル 鉄道シミュレーション
言語 日本語版

鉄道模型シミュレーター5に部品を追加するパッケージです。10系軽量客車と10系郵便車を追加します。

鉄道模型シミュレーター5  VRMコレクション 10系軽量客車&郵便車セット 鉄道模型シミュレーター5  VRMコレクション 10系軽量客車&郵便車セット 鉄道模型シミュレーター5  VRMコレクション 10系軽量客車&郵便車セット
  • 鉄道模型シミュレーター5  VRMコレクション 10系軽量客車&郵便車セット
  • 鉄道模型シミュレーター5  VRMコレクション 10系軽量客車&郵便車セット
  • 鉄道模型シミュレーター5  VRMコレクション 10系軽量客車&郵便車セット
商品説明

10系軽量客車

10系軽量客車は、日本鉄道車両工業協会の研究答申とヨーロッパでの調査を元に試作開発が行われ、昭和30年に8両の試作車が登場しました。 旧来の客車は、堅牢に作られた重い台枠構造に車体がのるような構造になっていましたが、軽量客車では、車体全体がセミモノコックとして荷重を受け持つ構造 になり、車体全体の軽量化が行われています。本形式を境に客車、電車、気動車は新しい世代に入りました。

試作車ナハ10は、銀河に連結され実用化テストが行われました。 昭和31年度より量産化が開始され、食堂車、寝台車などグループ各形式が生産されました。

10系軽量客車によって確立した新しい車体構造は、その後、客車、気動車、電車などに採用されました。

10系郵便車

10系軽量客車をベースにした郵政省所属の郵便車です。郵便物の区分室を備えています。

【重要】収録のデータはVRM3規格で製作されたデータを改良して、ヘッドライトの点灯、パンタグラフ昇降を可能にしたデータです。ディティールなどは、オリジナルデータ作成時の状態です。実車と異なる場合があります。 旧規格データを元にしているため、室内、ガラス、車体の反射率などは設定されていません。また、表記類の変更もできません。

 

本製品は、鉄道模型シミュレーター5に部品を追加するパッケージです。VRM5システム製品が別途必要です。

動作環境
対応OS

Windows VISTA, 7, 8, 8.1 / (32bit / 64bit両対応)

CPUCore 2 以上
MEMORY

2Gバイト以上実装推奨

Graphics

DirectX 10.0以上の3Dグラフィック(GeForce / RADEON推奨)

ShaderShader Model 3.0以上で影などを表示
(2.0以上で基本動作)
DirectXDirectX 2010 June以降
Sound

音源必須(3D対応音源)

▼鉄道模型シミュレーター5シリーズは、バージョン5製品のみ、自由に組み合わせてインストールできます。
▼対応環境は最小構成で使用した場合のスペックです。必要に応じて増強してください。
▼動作にはインターネットに接続したパソコンが必要です。
▼影などシェーダーの機能を有効にする場合は、シェーダーモデル3.0以上に対応したグラフィックカードが必要です。シェーダーモデル2.0でも動作します。
▼本ソフトウェアは、3DCGを使用しています。グラフィックチップは、GeForce、RADEONを推奨します。一部のチップセット内蔵グラフィックは、機能不足により動作しない場合があります。
▼プログラムは、32ビットです。内部は一部64ビットで処理します。
▼ビュワーは、64bit OSでの4GT(4-Gigabyte Tuning)に対応しています。
▼仮想環境は対応していません。
▼製品紹介の画面写真は複数のパッケージを組み合わせて撮影しています。
▼仕様は予告なく変更する場合があります。

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。