Remember11 -the age of infinity-

Remember11 -the age of infinity-

発売元 5pb.
販売価格 1,480円 (税別) 購入で 148 ポイント プレゼント
ジャンル アドベンチャー
言語 日本語版
リリース日 2014/05/30
―ワタシを殺す記憶の迷路―
Infinityシリーズ第3作「Remember11 -the age of infinity-」が登場!
「人格交換現象」により、ふたつの舞台の物語が絡み合いながら進行します。
Remember11 -the age of infinity- Remember11 -the age of infinity- Remember11 -the age of infinity-
  • Remember11 -the age of infinity-
  • Remember11 -the age of infinity-
  • Remember11 -the age of infinity-
商品説明

ワタシを殺す記憶の迷路

人格交換現象がもたらすふたつの舞台、ふたつのシナリオ

「人格交換現象」により、ふたつの舞台の物語が絡み合いながら進行します。
そして影響し合う、ふたつのシナリオ。
これによって、パズル的な面白さを体感することができます。

物語をより盛り上げる演出

目や口のアニメーションはもちろん、寒い空間では白い息を吐き、
カメラは主人公の心情に合わせて縦横無尽に動き回ります。
よろいっそうリアルでダイナミックなゲーム世界を体感出来ます。

美麗なCG

人気イラストレーター“左”氏のデザインしたかわいらしく繊細なキャラ

 

ストーリー

雪山に飛行機が落ちた。
しかし、生存者は吹雪に閉ざされ下山できない。
男と女、交替する人格を操り、遭難者を救い出せ。

雪山編

2011年1月11日、スフィアに向かっていた冬川こころの乗った飛行機が朱倉岳に墜落。
この時、彼女は意識を失った。
その後、彼女が目を覚ました時にはなぜか朱倉岳からは遠いスフィアにいた。
彼女は混乱のさなかに再び意識を失い、目覚めた時には墜落現場近くの避難小屋に他の3人の生き残りと共にいたのだった。
そして彼女は、生き残った3人と共に隔絶された空間から脱出することを余儀なくされる。

スフィア編

舞台は、正式名称が“隔離と保護のための特定精神医療施設”という“スフィア”。
1月11日午後4時、優希堂悟はスフィアの時計台にいた。
しかし突然、彼は謎の影に追われ時計台から転落する。
そして、一部の記憶を失った上に、突如、朱倉岳の一角にある避難小屋で目を覚ますという奇妙な現象が発生する。

動作環境
対応OS 日本語Windows Vista / 7 /8
CPU Celeron 2GHz以上
メモリー 256MB以上
HDD 2GB以上の空き容量
ビデオカード 800×600ドット以上、フルカラー
グラフィック ビデオメモリー32MB以上
サウンド DirectX9.0c以上対応
DirectX DirectX9.0c以上
その他 マウス、キーボード

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。